坐骨神経痛@情報局

坐骨神経痛@情報局 トップ > 坐骨神経痛の予防 【体重管理】

坐骨神経痛の予防 【体重管理】

坐骨神経痛を最も簡単に避けやすくする方法が体重管理です。
腰は体の中でも特に負担が掛かりやすい部位であり、その腰が受ける一番身近で大きな負担が体重なのです。つまり、最も簡単な坐骨神経痛対策が「体重を落とす」ということなのです。

体重を軽くすれば当然体にかかる負担、腰にかかる負担が軽減するので坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの腰痛が引き起こされる可能性も当然低くなります。
逆に言えば体重増加に伴い、腰への負荷が増加し坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどをはじめとする腰痛を患う可能性が大きくなるということなので、まずは強い意志をもって坐骨神経痛を克服・予防すべく体重管理をしましょう。

もちろん、体重を軽くすることによる腰痛回避はそれ以外にも沢山の恩恵があります。

まず体が軽くなりますので非常に軽快な動きになり、心肺への負担が軽くなり、動悸・息切れがし難くなるということもあります。他にもご飯がおいしくなったり、朝目覚めがよくなったなど、生きるという事が今まで以上に楽しくなるという傾向があるようです。
沢山の付加価値に恵まれたこのダイエット、1度挑戦してみる価値があるのではないでしょうか。