坐骨神経痛@情報局

坐骨神経痛@情報局 トップ > 坐骨神経痛の予防 【ウォーキング】

坐骨神経痛の予防 【ウォーキング】

腰痛予防の方法として最も身近なところにあるのが「散歩」です。

もちろん散歩をすれば腰痛はもう安心というわけではなく、健康な体を作るための健康法です。
整体やカイロプラクティックなどでいうところの「心身共に健康体にし、人間の本来あるべき自然治癒力を回復させる」といった少し婉曲的なもので、直接腰痛には作用しませんが、体の筋肉のバランスを整え、運動不足も解消し腰痛予防のための腰椎回りの強化を可能とする土台作りをします。
既に実践している方の多い、非常に効果の高い健康法です。やればやるだけ、しっかりと効果が出てくるものですので、年配の方、リハビリ途中の方などは取り入れる事をお勧めします。

散歩は実は全身の筋肉を使う運動です。じっくりゆっくり、継続的に筋肉が使われることがポイントで、同じ運動を継続的に続ける事で筋肉はジワジワ疲れてきます。
瞬発力が必要とされる動作ではないので筋肉が痛めつけられる事もありませんし、ゆっくりゆっくり筋肉は疲労させていきます。

同時に散歩前にしっかりとストレッチをして筋肉に準備をさせて、そして終わった時にもしっかりストレッチをする事で筋肉をしっかりとマッサージしてあげます。
散歩の前後のストレッチにより、筋肉はほぐれ、強化され、そして疲労も溜め込まないので非常に効果的です。
また、正しい姿勢で歩く事を意識していれば骨盤の調整効果も得られます。