坐骨神経痛@情報局

坐骨神経痛@情報局 トップ > 坐骨神経痛の予防 【水中運動】

坐骨神経痛の予防 【水中運動】

水中での運動は「水中ウォーキング」、「アクアフィットネス」、「アクアエクセサイズ」などと一般的には呼称されています。
腰痛治療のみならず、健康づくりの一環としても体に負担が少なく、効果が大きいという非常に効率的な運動として注目を浴びています。

水中は重力の影響を地上程受けませんので、腰椎にかかる負担が地上に比べて非常に軽くなりますが、前に進もうとすると水の抵抗があります。これは腰痛治療の際のリハビリとして水中での運動は非常に効果的です。

水中ウォーキングは腰椎への負担は軽くしながらも、しっかりと抵抗を筋肉に与えて筋肉強化を図るのが目的です。
水の中で早く歩こうと焦ってしまうと、抵抗を感じる方向に強く反発をしてしまう場合がありますが、そこで大きく反発してしまうと余計腰を痛めてしまうことに繋がります。

背筋が強く反らないようにゆっくりゆっくり普段の歩幅を意識しながら歩きましょう。
水の中では抵抗に逆らって歩くだけでも十二分の効果を得ることができます。また、水中ウォーキングは実は自分で感じている以上に体を使っています。
特に普段は余り意識して使っていない筋肉も使いますので、数時間後には疲れがやってきます。
同時に水中でずっと動いている為に体温を常に水に奪われている状態です。
目安としては最初の水中ウォーキングのときには10分間程度の運動時間をこなし、それからは徐々に増やして最終的には30分程度休息無しで動けるくらいを目指しましょう。