坐骨神経痛@情報局

坐骨神経痛@情報局 トップ > 坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛を根本的に治療するということは、すなわち坐骨神経痛の原因となっている疾患を治療することです。
坐骨神経痛の症状やその原因については千差万別ですが、まずは原因を追求し適切な治療を行うことが肝心です。

坐骨神経痛の治療は、一般的に整形外科で行われ、薬物による治療法・温熱療法による治療・理学的な治療(牽引療法による治療)などがあります。
また、ブロック注射があります。

薬物による治療法には炎症の部分の痛みを緩和する目的で、内服薬などを用いて治療を行います。
温熱療法による治療では、痛みをともなう部分を温熱によって温めて痛みを緩和するという治療を行います。
理学療法(牽引療法)は、腰の部分を引っ張るなど、身体に引く力を加えることによって医学的な治療を行ない、狭くなった背骨の隙間を広げて、神経の圧迫感による痛みやしびれなどの症状を治療します。

ブロック注射はおもに坐骨神経ブロック・硬膜外ブロック・選択的神経根ブロックなどの治療法があります。
神経根ブロックは、脊髄本幹部分から左右に枝状にわかれた神経の枝に注射を行うという治療法です。

上記のような治療法を行っても、いっこうに症状の改善がみられない場合には、手術を行うことも検討されます。
整形外科以外の治療ではカイロプラトニック・マッサージや整体などに行って治療してもらう方法もあります。